お知らせ・協会活動報告 会員向けのお知らせ 社会職能局

スポーツ事業部 高校野球秋季大会事前講習会 開催報告

投稿日:

【スポーツ事業部 高校野球秋季大会事前講習会 開催報告】
スポーツ事業部では令和元年8月16日(金)に沖縄県理学療法士協会会員15名(スポーツ事業部部員含む)を対象に楠木力部員(沖縄リハビリテーションセンター病院)・米須清倫部員(浦添総合病院)のお二人を講師に招き、第69回沖縄県高校野球秋季大会医療サポート事前講習会&打ち合わせを開催しました。
選手権大会事前講習会と同様に熱中症や脳震盪(のうしんとう)に関する判断基準や同時対応を求められる際のトリアージで評価すべきポイントを検討しました。また、選手権大会でのサポート事例の紹介も行い、実際のサポートでの対応経験も紹介して頂きました。サポート参加時の注意事項や課題についても調整担当から説明があり、企画運営側の先方との調整課題を改めて感じました。(スポーツ事業部 牧門 武善 与勝病院)

【スポーツ事業部 高校野球秋季大会事前講習会に参加して①】
今回の事前講習会に参加して、医療従事者にしかできないことがあり、それを必要とされている場があり、選手が全力で試合ができるようにサポートできる体制が整っているのを目の当たりにして、とてもいい環境が揃っているなと思いました。私はスポーツ関連の仕事に携わりたくて理学療法士になったこともあり、野球の経験はありませんが、前回の高校野球サポートに参加させていただきました。頑張っている選手たちを支える方の立場になってみて、野球に限らず全てのスポーツでこのような体制が整えばいいのになと思いました。私は医療サポートチームでの活動を通して、スポーツに共通している知識や経験を積み、今後の活動に繋げていけたらいいなと思っています。これからも野球でのサポートを続けて、選手のため、今後の自分の経験値を高めるために頑張っていきたいです。
(浦添総合病院 眞榮田 優飛)

【スポーツ事業部 高校野球秋季大会事前講習会に参加して②】
今回、高校野球秋季大会医療サポート事前講習会に参加させて頂きました。
講習会の内容として①頭部外傷、②熱中症、③トリアージの方法について学ばせてもらいました。まず講師の方から①~③の内容について過去の高校野球大会で発生した事例や症状について説明をしていただき、グループに分かれて発生事例についてのディスカッションを行いました。スポーツ中に起きる外傷や体調不良についての対応方法、症状判断、トリアージの判断基準など自分の考え方や視点だけではなく様々な意見を聞くことで発生した事象に柔軟に対応できるようになるのではないかと思いました。また、熱中症のように選手や関係者への指導で発生を防げる事象もあるので医療人の私たちがしっかりとした知識や対応方法を習得し共有していくことの必要性を学ばせてもらえた講習会でした。
今回の講習会で学んだことを今後に生かしていけるように知識・技術を深め、質の高いサポートができるように頑張っていきたいと思いました。(与勝病院 小橋川 恒)



求人情報一覧を表示

求人情報

    現在、掲載中の求人はありません。

掲載中の求人情報一覧ページ


SNSからも情報発信しています。

公式SNSからは最新情報を発信中!

-お知らせ・協会活動報告, 会員向けのお知らせ, 社会職能局

Copyright© 公益社団法人 沖縄県理学療法士協会 , 2019 All Rights Reserved.